ひと昔前の医療保険

ひと昔前は、保険外交員が担当に付き、外交員に勧められて医療保険に入るケースが多かったですね。
外交員の話を聞いて保険に入ったものの、細かな保障内容についてなど、よく分っていない人もいるようです。

 
高齢の方であれば、家族が保険内容をよく見てあげることも必要かもしれません。
預貯金があれば、医療保険はあまり多くの保障は必要ないケースもあります。
また、複数の保険に入っていると、保険内容が重複することもあるので、保険を掛けすぎていないか、点検することも大事です。

ひと昔前の、景気のよい時期は、貯蓄型の医療保険が多くありましたが、現在は掛け捨ての医療保険が増えています。
貯蓄型の医療保険は保険料が割高ですが、今まで払い続けてこられたのであれば、貯蓄としても価値があります。
今後も払い続ければ、資産価値が増えていきます。

また、ひと昔前の医療保険は、1回の入院での支払い限度日数が120日までの保険が主流でした。現在は、60日までのものが多くなっています。
今は、平均入院のデータで、1回の入院は60日までで十分だろうと言われています。
60日型の医療保険の方が、保険料は安くなります。
また、現在は掛け捨てで割安な医療保険が多いため、医療保険が安く抑えられます。

 

時代によってニーズが変わり、景気なども影響してきますが、ひと昔前の保険の方が、保障が手厚い場合もあります。
また、保険を途中解約して、新しい医療保険に入るとすると、現在の健康状態などでかえって損をする場合もありますので、慎重に見極めた方がよさそうです。

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>